大津サービスエリアで最高の贅沢を!近江牛ステーキ膳

大津サービスエリア上り線一階、レストラン近江牛 叡山より一押しのメニューのご紹介です♪ 近江牛ステーキ膳 4,800円(税込) 近江牛は日本三大和牛の一つに数えられ(近江牛・松阪牛・神戸牛)、その中でも一番歴史が古くおよそ400年ほどの歴史があるんです。 江戸時代が始まるよりも前に近江牛の歴史が始まったと思うと、その時間の長さに唸ってしまいそうになりますね。 そんな近江牛の特徴として「肉質はきめ細かく、脂は甘くて、口の中でとろけるほどおいしい」といわれています。 ほどよい脂のサシとピンク色のような赤身の柔らかさは見ているだけで美味しいという言葉が出てきてしまいそうなほどですよ! 近江牛 叡山のステーキ膳ではロースを使用していますが、この部位は「ロースト(焼く)に適した肉の部位」であることからこの呼び名がついたんですって。まさにステーキにはうってつけですね♪ 基本的にミディアムに焼き上げて提供していますが…焼けたお肉とほんのりピンク色をした中心部分のコントラストが絶妙に美しいです! そんなステーキをさらに美味しく食べていただこうと、自家製ポン酢・わさび塩・特製焼肉ダレの三種類の調味料をお出ししています。 まろやかな自家製ポン酢であっさりと食べてもよし、わさび塩でさっぱり+わさびの刺激を楽しむもよし、パンチの効いたタレでご飯と一緒に食べてもよしと、最高のお肉を思う存分味わえます♪ お値段は高いと思うかもしれませんが…お値段以上の満足感をお約束します! …

続きを読む

実は日本一?滋賀のお茶は種類も豊富です

お茶と言えばと聞かれて思い浮かぶのは? 静岡?宇治?この辺はあらゆる人のイメージに定着している産地だと思います。 が 何を隠そうこの滋賀県も実はお茶の産地として有名なんですよ? 朝宮茶と呼ばれるお茶なんですが、このお茶の歴史がすごいんです! そもそもの日本でのお茶の始まりとされるのが、今から約1200年前の、805年(延暦24年)にかの有名な最澄が留学先の中国より茶の種を持ち帰り、滋賀の『比叡山山麓』および『朝宮の宮尻の地』に植えたことに発すると言われているんだそう。 お茶の発祥の地が滋賀県だったということになりますね! そんな発祥の地である朝宮のお茶は「香りの朝宮」とも呼ばれているんですって。標高300mから400mの高地で、年間の温度差が大きく川筋に霧が発生しやすいなど、茶づくりに最高の条件を備えているんだそう。 さらには日本五大銘茶の一つに数えられ、全国のお茶の品評会でも受賞したという輝かしいまでの実績があります! もちろん朝宮茶だけではなくいろんな種類のお茶が作られているんです。 大津サービスエリア上り線一階でも、滋賀県のお茶を多数取り扱っています。 このように黒豆茶や煎茶、そばほうじ茶、玄米茶、もち麦麦茶などなど…これら以外にもまだまだあります♪ 日本人とは切っても切れない関係のお茶。ペットボトルのお手軽な感じもいいですが、たまには贅沢なお茶の時間を楽しみませんか? きっとあなたの気に入るお茶がありますよ♪ 琵琶湖が一望できる大…

続きを読む

夏は冷やして召し上がれ♪聖護院八ッ橋の聖涼は期間限定ですよ

大津サービスエリア上り線一階ではさまざまなお土産ものを扱っていますが、中でも人気なのは京都を代表するお土産である聖護院八ッ橋です。 今までにもおすすめとしていくつか紹介してきましたが、今回は夏だけの限定販売のものをご紹介します♪ 聖涼 聖涼 レモン  各540円(税込) こちらは「石涼み」と同じ期間限定の商品として販売されています。 この聖涼はどちらも寒天が使用されていて寒天ならではのぷるぷるとした食感が、最大の特徴だと思います。 聖涼は寒天を混ぜて作った生八ッ橋でこしあんを包み込んであって、いわゆるスタンダードな八ッ橋だといえますね。 そしてもう一つのレモンはこしあんの代わりにレモンあんを包み込んだ、より夏らしいさわやかな感じがする一品ですよ♪レモンの黄色がなんとも涼しげだと思いませんか? レモンの酸味もありつつ、しっかりと八ッ橋のニッキの風味も感じて、ついつい次へと手が伸びる…きっとみなさんそうなることと思います♪ そしてどちらも必ず冷やしてお召し上がりください 冷やすことでより寒天の食感も際立つようになっているので、お忘れなきようご注意ください。 大体の目安として推奨されているのが、お召し上がりの30分くらい前から冷やして食べるのが最も美味しいとされていますよ♪ もちろん好みもありますので、みなさんのお好みの冷やし加減を探ってみるのもいいかもしれませんね。 暑いときに冷たい八ッ橋は乙なものですよ? 琵琶湖が一望できる大津SA上り線1階の…

続きを読む

大津SAから琵琶湖の恵みをあなたに♪若鮎木の芽煮が人気です

大津サービスエリア上り線一階では、琵琶湖の恵みを生かした商品を多く扱っています。 その中でもファンの多いお土産をご紹介します♪ 若鮎木の芽煮 650円(税込) こちらは以前ご紹介した「松田魚伊」のおすすめの一品です。 松田魚伊はその昔徳川家康が築城した膳所城のあった場所の近くに店を構える名店なんです。うなぎも扱っていておすすめなんですが、湖魚の佃煮なども数多くそろえているんです♪ 家康が建てた城が近くにあったなんて知りませんでした… その湖魚の佃煮の中でも人気ナンバーワンなのがこの若鮎木の芽煮なんですが、これに使われている鮎が琵琶湖産の天然の走り鮎なんです! 特に春から初夏にかけての鮎は、柔らかく、ほのかな香りと甘みをもち鮎の華といわれる最高級品なんですって!そんな鮎を贅沢に使用して、その素材の良さを最大限に生かし「特製本醸造醤油」で丹念に煮上げた珠玉の逸品になっているんですよ♪ さらに、柔らかく仕上がった鮎に木の芽の香りがなんともすがすがしくも鮮烈な香り高さをまとわせているんです! 木の芽のインパクトも強いのですが、噛み進めていくと鮎の持つ独特の香りが現れて、鮎と木の芽の香りの競演が口の中に広がっていくんです。 この味に惚れ込んだ方も多く、立ち寄った際には必ず買っていくという方もいらっしゃいます♪ 香り高い一品、あなたも堪能してはいかがですか? 琵琶湖が一望できる大津SA上り線1階のレストラン、カフェ、売店「近江牛 叡山」 ソファ席、堀りごたつ式…

続きを読む

浪速の味を大津SAで!「バラエティおこし」はいかがですか?

大津サービスエリア上り線一階で取り扱っているつのせから、お得で美味しい商品をご紹介します♪ バラエティおこし 648円(税込) こちらは以前紹介した大阪いっぱいと同じつのせの商品ですが、バラエティおこしはよりストレートにおこしが楽しめる一品なんですよ♪ つのせの歴史が古いのは以前にもご紹介しましたが、その老舗が力を入れている粟おこしをはじめ、6種類の違った味を揃えてあるんです。 粟・岩・生姜・アーモンド・ピーナッツ・ミルクと名前の通りバラエティ豊かな味のラインナップです! 粟おこし、岩おこし、生姜おこしは昔からの製法で作られた伝統の一品で、少し硬めの仕上がりになっています。それに対してアーモンド、ピーナッツ、ミルクはスイートコーンをベースに作られていて、伝統的なおこしに比べると少し柔らかめかなと思いましたが、アーモンドやピーナッツなどをまぶしてあるので、また違った食感を楽しめると思いますよ? 種類もたくさんあって数もたくさんあるので、違う味をみんなで楽しみながら味わえるといった素敵な時間を過ごせると思います♪ 大阪に古くから続く伝統の味、みなさんも一度試して是非ハマってみてください♪ 琵琶湖が一望できる大津SA上り線1階のレストラン、カフェ、売店「近江牛 叡山」 ソファ席、堀りごたつ式個室もございます。 メニューはhttp://www.fujiland.co.jp/news/902/ 14:00~18:00飲み物のみのカフェ利用OK! 営業時間1…

続きを読む

華やかな吹き寄せ♪橘屋紫芳軒の「華たちばな」は大津SAにありますよ♪

大津サービスエリア上り線一階にて取り扱っている橘屋紫芳軒より、見た目も華やかな人気の一品をご紹介します♪ 華たちばな 540円(税込) 以前ご紹介した「檸檬しぐれ」は夏季限定の商品ですが、こちらの華たちばなは通年での取り扱いで、人気の商品でもあるんです♪ お皿に盛るとこのように色とりどりのあられがあって、まずその見た目で楽しめます♪ この色とりどりの見た目の正体は、蓮根・いか・黒豆・落花生・海老・海苔・梅肉・柚子などなど本当にたくさんの素材が使用されているんです! 海の恵みと大地の恵みを凝縮させたこだわりの仕上げ、そして京都らしい華やかな見た目を両立させたとっても贅沢な逸品だと思いますよ♪ もちろん見た目の華やかさだけじゃなく味も一級品です!一つ一つ丁寧に焼き上げられて、それでいて噛めば噛むほど深い味になっていく…そんな感じがしました。 いろいろな素材が使われているので、食べるごとに味のバリエーションが変化していくのがとっても楽しいですよ♪ もらって嬉しい、食べて美味しいそんな華たちばなをプレゼントしてみてはいかがでしょうか? 琵琶湖が一望できる大津SA上り線1階のレストラン、カフェ、売店「近江牛 叡山」 ソファ席、堀りごたつ式個室もございます。 メニューはhttp://www.fujiland.co.jp/news/902/ 14:00~18:00飲み物のみのカフェ利用OK! 営業時間10:00~21:30(レストラン)      …

続きを読む

新しい餃子のスタイル?丸十精肉店の「餃子フランク」を大津SAで♪

大津サービスエリア上り線一階、テイクアウトコーナーにあります丸十精肉店より、ちょっと変わったフランクをご紹介します。 餃子フランク 400円(税込) 名は体を表すといいますか、その名の通り餃子であり、フランクフルトでもあるといったこちら。 見た目はまさに餃子の具が詰まったものですが、実際に一口食べるとまさに餃子の味そのものなんですよ! ひき肉のような食感ではなくフランクフルトを食べたような食感なんですが、味は餃子という、うまく説明できない不思議な一品なんですが味は保証しますよ? 一口食べると溢れ出すジューシーな肉汁が口の中いっぱいに広がって、そのあとに餃子のパンチの効いた味がやってきます! 名前の不思議さにひかれて、実際に食べた時の想像とのギャップもあってお客様からも大変好評をいただいています♪ 人気ナンバーワンはもちろん「牛串」ですが、サイドメニューでは以前紹介もした「ポーク餅」と人気を二分しています! このように ほかにもいろいろな商品をご用意してお待ちしています♪ 大津サービスエリアの「丸十精肉店」で新しい餃子に出会ってみてはいかがですか? 琵琶湖が一望できる大津SA上り線1階のレストラン、カフェ、売店「近江牛 叡山」 ソファ席、堀りごたつ式個室もございます。 メニューはhttp://www.fujiland.co.jp/news/902/ 14:00~18:00飲み物のみのカフェ利用OK! TEL077-510-7560 滋…

続きを読む

大津SAの神戸のお土産、ハートをあなたにお届けします♪

大津サービスエリアの関西圏のお土産として、神戸のお土産第二弾のご紹介です! 神戸 港町の女の子―恋するハート― 572円(税込) ということで、ハートです。もう見た目で思わず手に取ってしまうそんなパッケージじゃないでしょうか? 神戸第一弾は「坂の街神戸チーズ倶楽部」でしたが、今回は港町で、神戸はいろんな顔がありますよね。 神戸港としての歴史は1868年、慶応三年から始まるようですが、もとは812年までさかのぼるようですよ! 大輪田泊という現在の兵庫埠頭周辺が歴史の始まりのようです。そして明治を迎えてからは輸入港として栄え、異国情緒のある神戸へとつながていったんでしょうね。 そんな港の由来もありつつこちらの商品は中はハート形のホワイトチョコレートとなっています。 このように見事なまでのハートです。そしてほんのりと苺の風味と色でピンク色をしているのも特徴で、食べるとサクサクとした食感なんですよ♪ ちょっとしたお土産にあげたりしたら喜ばれること請け合いです! あなたのハートも届けてみませんか? 琵琶湖が一望できる大津SA上り線1階のレストラン、カフェ、売店「近江牛 叡山」 ソファ席、堀りごたつ式個室もございます。 メニューはhttp://www.fujiland.co.jp/news/902/ 14:00~18:00飲み物のみのカフェ利用OK! 営業時間10:00~21:30(レストラン)      9:00~21:30(売店) TEL…

続きを読む

今が盛り上がり最高潮!祇園祭の気分をあなたに♪

大津サービスエリア上り線一階にて取り扱っている、京都の老舗「豆政」のまさに今にぴったりな商品をご紹介します。 味の旅 378円(税込) こちらは以前紹介した豆政の「京の町かど」の中の一つですが、今月からデザインが変わりました! 京都の7月と言えば、なんといっても「祇園祭」です。その祇園祭にちなんで味の旅も祇園祭バージョンの装いで登場したんです♪ 聖護院八ッ橋の祇園祭と同じで期間限定のデザインですよ! 祇園祭についてはこちらで詳しく述べましたが、まさに今日が山鉾巡行その日なんです。 午前9時に四条烏丸をスタートして、河原町四条、河原町御池、新町御池を回るルートとなっていますが、この山鉾の数がなんと23基もあるんですよ! そして巡行する鉾の中で最大のものは約12トンにもなるというんですから、その迫力は相当なものであるんでしょうね…ちなみにじっくり見るなら道幅の広い御池通がおすすめらしいですよ? そんな祇園祭の山鉾をイメージした味の旅の限定バージョン、一目でそれと分かりますよね。 京都や京都周辺では昔から良質な豆が多くされてきたんだそうです。そんな良質な豆をさらに厳選して使用し、京都の澄んだ湧水を仕込みに使用して作り上げられたのが味の旅をはじめとする、豆政の商品なんです! 当然と言えば当然なんでしょうが、いいものを作り上げるためのこだわりや情熱といったものが随所に感じられますね。きっとこれからも変わらずに京都の名菓として続いていくんだと思います。 名前の通り、味…

続きを読む

本日海の日、海じゃないけど琵琶湖でも泳げますよ♪

日本一の面積を誇る琵琶湖ですが、本当に大きくて大津サービスエリアから見える琵琶湖の景色は実は南端の一部でしかないんです。 実際に来られたお客様が琵琶湖だと知らないで見たら海にしか見えないとおっしゃっていましたが、向こう岸が見えないほどに広がっているので、そう思われてもなんら不思議ではないと思います。 そして以前「琵琶湖あれこれ」として少し触れましたが、琵琶湖の南と北では水質が大きく異なっていて、北側は透明度抜群なんです! エメラルドグリーンのような色の海もとてもきれいですが、透明度が高い透き通った色合いもまた違うきれいさがあると思いませんか? そんなきれいなところで泳げるとなったら…テンション上がっちゃいますよね? このところ毎日当然のように30℃を超える暑さが続き、とうとう35℃なんて気温もちらほら出てきていて、聞くだけでげんなりしちゃいますが…そんなときこそ泳ぎたいとなるんじゃないでしょうか? そしてうってつけの場所が琵琶湖にはあるんです! 近江舞子水泳場というんですが、こちらは琵琶湖の北側にあるのでもちろん透明度は抜群です!そして何より湖ですから海と違って体がべたつかないという最大のメリットが! 海で泳いで楽しい思いをしても、髪から体から塩でべたつくというのがちょっと…という方には特におすすめですよ♪そしてこちらの場所は白砂浜が4キロにわたって広がっているというので広さも十分ですね。 ただ海水と違うので浮きにくいといった点はありますので、浮き輪があると便利かもしれません…

続きを読む